心筋梗塞のサイン

心筋梗塞の前ぶれとして、

胸の痛みや圧迫感
冷や汗
胃痛
みぞおちの違和感
背中の痛み
左肩の痛み
左腕の痛み
顎、歯の痛み

といった症状がありますが、
これらの前ぶれは病気がだいぶ進行してから現れるサインです。

これまで健康でも突然きたりするので、
病気の判断がしづらく手遅れになってしまうケースも少なくありません。

(若い人にも現れることがあります)

では、そうならないようにする為にはどうすればよいのでしょうか?

実は身体はそれよりも、もっと前から病気のサインを出しています。
そのサインに気づくことができれば、病気を未然に防ぐことができます。

(恐いと思うかもしれませんが、心筋梗塞や脳梗塞などの徴候がある方にはお伝えしています)

多くの人は、自分の身体が今どんな状態になっているのかを知りません。
自分の身体を知り、適切なケアを行なっていくことが大切なのです。

頭痛のケア方法

頭痛の原因は様々ですが、
頭痛持ちの人に多くみられるのが肩甲骨の硬さです。

肩甲骨の動きがよくない人は首や頭部の緊張が抜けずらくなり、
頭痛がなかなか改善されません。

(何故、肩甲骨が硬くなるのかを考えると話は複雑になってしまいますが、、、)

肩甲骨を積極的に動かしたり、周りの筋肉をほぐすことが頭痛の改善に効果的です。

続きを読む

フリースは身体に悪い

フリースは静電気を誘発し、
プラスイオンを増幅させます。

プラスイオンに囲まれると
頭が重い、吐き気やめまいがする、イライラする、疲労感が取れない、よく眠れない
といった不定愁訴が増える危険性があります。

(電磁波は静電気を誘発させる為、PCやスマホを長時間使用する人は特に注意が必要)

私自身もフリースを着てパソコン作業をすると
首や肩が重くなり、いつも以上に疲れやすくなってしまいますので

バイクに乗るとき以外はなるべく
フリースを脱ぐように心がけています。

こんなおもしろい動画を見つけました。

LINE@で予約する際の注意

LINE@で当院のアカウントを作成して
もうすぐ10ヶ月になります。

施術中は電話にでることができない為、
LINEでの予約システムは大変重宝しております。
(全体の半数以上がLINEからのご予約となっています)

便利なツールですが、
利用される際の注意点がございますのでご確認ください。

注意点
1.初診の方の受付けは、お電話かメールのみとさせていただきます。
(まだ来院されたことのない方のご登録はご遠慮願います)
2.アカウント名がニックネームの方は、最初のやり取りをする際に本名をお名乗りください。
3.先着での受付となりますので、ご予約が確定する前に空き枠がなくなってしまうことがあります。
(返信がよっぽど遅くならない限りは大丈夫だと思います)
4.ご来院の前に予約が確定していることをご確認ください。

現在(1月25日時点で)、76名の方がご登録中です。
いつも本当にありがとうございます。