施術例

坐骨神経痛の変化

ご本人の了承を得て投稿しています。

60代男性。
臀部〜膝にかけての痛みと痺れ、歩行が困難な状況。

病院での痛み止めの注射は全く効果がなく、
鍼治療ではかえって痛みが強くなってしまったそうです。

続きを読む

ヘルニアは切らずに治る

身体のバランスの問題を解決すると
ヘルニアは切らずに治る可能性があります。

(調整後に何らかの変化を感じることができれば継続していく価値はあるでしょう)

写真のお客様の場合、
最初の1ヶ月は週に1、2回
2ヶ月目以降は2週に1度のペースで調整を続けました。(現在も定期的に通院されています)

希望するなら手術を進めていくと告げられた酷い痛みは段々とおさまり、
3ヵ月後には医師も驚くような回復をみせました。
(ヘルニアの手術をしても痛みがとれるとは限りません)

もちろん、ご本人の努力もあっての結果です。
正しいケアを継続することで回復の兆しが見えてきます。

側弯症の経過

角度とは下の図にあるコブ角のことを指します。

このコブ角が45°以上になると手術での治療を勧められる場合があるようです。

月に2回の施術とセルフケアを継続、
半年後には、身体の緊張が明らかに取れてきたのがわかりました。

(見た目が少し変わってきたと久々に再会したご家族からのご指摘もあったそうです。)

まだ残っている身体の緊張を取り除くことができれば、更なる変化が期待できます。

ぎっくり腰の施術例

今月に入り、ぎっくり腰のお客様の来院が続きました。
ぎっくり腰の痛みは、通常なら2~3日ほど安静にしていればよくなっていくものですが、
筋肉の疲労が強い方は痛みが長引くこともあります。

続きを読む