坐骨神経痛

坐骨神経痛の変化

ご本人の了承を得て投稿しています。

60代男性。
臀部〜膝にかけての痛みと痺れ、歩行が困難な状況。

病院での痛み止めの注射は全く効果がなく、
鍼治療ではかえって痛みが強くなってしまったそうです。

当院で結果がでなければ手術を心に決めていたそうですが、
初回の調整後にはこのように歩けるようになりました。

(但し安定するまでに期間が必要です)

変化を感じることができれば必ず治りますので、
手術の必要はないとお伝えしました。(手術をしても治るかはわかりません)

このような症状を招く原因のひとつに筋肉の問題があります。

筋肉に問題があると身体に歪みや軸バランスの崩れがでてきてしまい不調が生じます。

筋肉の問題はレントゲン検査では見つけることが出来ませんので、
病院へ受診しても異常が見つからずに困ってしまうことになります。

男性の身体は大きく傾き、歪みが直ぐにわかる状態でした。
このような状態では、それ以上身体が傾かないようにする為に筋肉の一部が強く緊張していることがあります。

その部分を緩めてしまうと、身体は更に傾き、症状を悪化させてしまいます。
よって筋肉は何でもほぐせば良いということではありません。

鍼治療で悪化してしまった理由が恐らくこれに関連していると思われます。

筋肉に問題が起きる原因の多くは疲労の蓄積によるものです。
疲労を溜め込まないように身体のケアを継続していけば、様々な身体の不調を予防することが可能です。

ABOUT ME
マタ先生
ご質問がありましたら、電話やメールにて気軽にお問い合わせください。