症状について

心筋梗塞のサイン

心筋梗塞

心筋梗塞の前ぶれとして、

胸の痛みや圧迫感
冷や汗
胃痛
みぞおちの違和感
背中の痛み
左肩の痛み
左腕の痛み
顎、歯の痛み

といった症状がありますが、
これらの前ぶれは病気がだいぶ進行してから現れるサインです。

これまで健康でも突然きたりするので、
病気の判断がしづらく手遅れになってしまうケースも少なくありません。

(若い人にも現れることがあります)

では、そうならないようにする為にはどうすればよいのでしょうか?

実は身体はそれよりも、もっと前から病気のサインを出しています。
そのサインに気づくことができれば、病気を未然に防ぐことができます。

(恐いと思うかもしれませんが、心筋梗塞や脳梗塞などの徴候がある方にはお伝えしています)

多くの人は、自分の身体が今どんな状態になっているのかを知りません。
自分の身体を知り、適切なケアを行なっていくことが大切なのです。

ABOUT ME
マタ先生
ご質問がありましたら、電話やメールにて気軽にお問い合わせください。