ヘルニアは切らずに治る

身体のバランスの問題を解決すると
ヘルニアは切らずに治る可能性があります。

(調整後に何らかの変化を感じることができれば継続していく価値はあるでしょう)

写真のお客様の場合、
最初の1ヶ月は週に1、2回
2ヶ月目以降は2週に1度のペースで調整を続けました。(現在も定期的に通院されています)

希望するなら手術を進めていくと告げられた酷い痛みは段々とおさまり、
3ヵ月後には医師も驚くような回復をみせました。
(ヘルニアの手術をしても痛みがとれるとは限りません)

もちろん、ご本人の努力もあっての結果です。
正しいケアを継続することで回復の兆しが見えてきます。

セルフケアの重要性

私たち整体師にできることは不調の回復のお手伝いであり、
治療行為ではありません。

身体のバランス(骨格、筋肉の問題)を整えていくと
治癒力が働き身体は自然と回復していくものと考えます。

生活の中で疲労を溜め込むと
身体のバランスは崩れ不調が表れやすくなります。

(休息しても回復できないようになってくる)

整体によって身体のバランスを整えても
疲労を再び溜め込んでしまえば、不調は再発してしまいます。

なるべくそうならにようにする為にも
セルフケアは大切なのです。

那覇市から来院されているIさんが2ヶ月ぶりに来院されました。

毎日セルフケアに取り組んでいたこともあり、
一番辛かった首の症状がとても楽になっているそうです。

今回は腰が少し気になるとのことでしたが、
ポイントを調整するとすぐに楽になりました。

セルフケアを行なっているとこのように身体の変化も早いです。
(自分でできない細かい部分の調整をしっかりとお手伝いさせていただきました)

自分の身体の特徴を知り、正しいケアの方法を身につけていけば、
将来の身体の不調を予防することも可能です。

なるべく(簡単で)効果が持続する内容をお伝えするように心がけてはおりますが、
自分でやっても間に合わなくなった場合には早めに調整にいらしてください。

※筋肉の緊張収縮が強い場合はセルフケアだけでは対応できないことが殆どです。
何度か施術することによって先に筋肉の問題を解決していかなければなりません。

不調の原因を考える

レントゲン検査によってヘルニアやストレートネックが確認できると説明され、
それが不調の原因だと思い込んでしまう人は少なくありません。

手術をしてもよくならなかったり、再発させてしまう人が多いのは、
不調の原因が目に見えている部分だけの問題ではないからです。

ヘルニアやストレートネックが治れば、
不調が完全に治るということではありません。

本当は何を治したいのか
治す為には何をすればいいのか

多くの方に大切なことが伝わるよう
これからも努力を続けていきたいと思います。

ゴッドハンドでも1回で治せない理由

ゴッドハンド
人間業でないと思えるような、非常に優れた手腕、腕前、技術などを形容する語。

執刀医の腕前を言い表すことが多いのですが、
手技療法(整体)の分野においてもゴッドハンドと呼ばれる人たちが存在します。

続きを読む

坐骨神経痛の変化

ご本人の了承を得て投稿しています。

60代男性。
臀部〜膝にかけての痛みと痺れ、歩行が困難な状況。

病院での痛み止めの注射は全く効果がなく、
鍼治療ではかえって痛みが強くなってしまったそうです。

続きを読む